2000/05/11(木)

ソフトフィールド/ショートフィールド

本日はめずらしく雲があります。でも視程は問題なしです。ちゃんとした雲を見たのは久しぶりな気がします。

本日はRamonaでの訓練の最終日です。気合を入れて午前中の訓練に望んで…と思いきや起きたのが既に9:20! 急いで空港に向かいます。9:30ちょい前に到着。何食わぬ顔をして「あ、おはようございまーす」(^^;)。

さて本日はSoft/Short field takeoff/landingを行います。まずは教官がデモを行います。その後自分でやってみます。

まずはSoft field takeoffです。Flap 2 notch down、Yoke full aftでローリングtakeoffをします。加速し始めてすぐに機首が浮き上がります。エアボーンはまだしません。更に加速するとエアボーン。ここで機首をレベルくらいまで下げて、R/W上を地面効果があるくらいの高度で加速していきます。ほとんど地面とすれすれという感じです。

これは結構こわいです(^^;)。ひょっとしてここで「へ、へ~っくしょん!」とかやったら地面に激突です。その後通常のクライムのピッチにし、フラップをかたづけてVy上昇をします。

トラフィックパターンを回ってきて今度はSoft field landingです。通常と同じくファイナルアプローチし、R/W末端くらいでちょびっとスロットルを入れてやります(つまり完全にクローズにしないということ)。フレアを緩やかにかけて、機首が十分上を向いた状態でタッチダウン。その後もYoke full aft状態を保ち、機首がゆーっくり落ちるようにします。その後本当のsoft fieldならブレーキをかけませんが、訓練なので、ブレーキをかけます。このときもYoke full aftを保っておきます。

なかなかうまくいきました。フレアを乱暴にやってしまうと浮き上がってしまうので注意が必要です。

次にShort field takeoffです。Flap 2 notch downでR/Wの末端で一旦停止します。ブレーキをかけてフルスロットル。52ノットでローテーション。しかも結構乱暴に(^^;)。ピッチは通常の上昇よりも上で、コックピットから前方の景色は見えません。この状態で52ノットの上昇を50ftばかりした後(障害物を越えたという想定)、通常のピッチに戻します。フラップをかたづけてVy上昇をします。

ローテーション時にピッチをぐんと上げるのが結構こわいです(^^;)。思い切りが必要です。

トラフィックパターンを回ってきて今度はShort field landingです。ファイナルを通常よりやや高いグライドパスで降りてきます。スロットルをクローズし、通常より高い位置からフレアをかけ始めます。このときちょっとだけストールホーンが鳴ったりしますが、それでOKです。タッチダウンのあたりでちょうどストールさせる感じでピッチアップし、ちょっとだけ「ドスン」という感じで降ります。その後Yoke full aftでフルブレーキです。といっても滑走速度がまだ大きいうちは緩やかにブレーキをかけ、速度が落ちてきたらぐっと強くかけます。車と同じです。

うーん、なかなか難しいです。ちょっとだけ「ドスン」という微妙な操作は難しく、なんだか普通のlandingになってしまいます。でもまぁその後のフルブレーキはうまくいきました。

午前中の訓練はこれで終わりです。お昼はMcDonald’sです。あぁこれがRamonaでの最後の昼食です。

午後からは一人でSoft/Short field takeoff/landingの練習をします。教官曰く「じゃ、適当に出発して、適当に練習して、適当に戻ってきて」。

もうすっかり自分の飛行機のような顔をして一人で練習して一人で戻ってきました。もうあんまりポツーンという気持ちはありません。戻ってきてからふと、「あれっ、そういえば、いつの間にかあたりまえのような感じで自分だけで飛んできたんだなぁ」と感慨にふけってしまいます(^^;)。

これでRamonaでの訓練はひとまず終了です。自分としてはファーストソロを達成するなど、とてもとても大きな経験でした。

今後のことについて教官と相談しましたが、次回は2、3日の復習の後、クロスカントリーに出る訓練をするそうです。クロスカントリーはRamonaだけでなく他の空港の天候の都合もあるので、なんとも言えないのですが、今のペースで行くと、次々回の渡米(冬休み)にライセンスが取れる可能性があるそうです。おぉ、20世紀中は無理にしても21世紀にはライセンス取得までいけそうです。

というわけで1回目の渡米はおしまいです。


飛行機仲間の皆様のご指導、ご声援、サポートには本当に感謝いたします。特にSkylineとの間で話をとりもって頂いたりヘッドセット(もう大活躍!)まで貸して頂いたADC教官には感謝し切れません。

また、ここRamonaでは同じ訓練生として何人もの日本人の方々と知り合いました。みんなバラバラなルートでSkylineに来ていますので、いろんな偶然が重なって知り合った仲間達です。みんな前向きで明るく、いろいろな形で飛行機への情熱がある方ばかりです。既にライセンスを持っている人、エアラインを目指している人、我々と同じく会社に行きながら分割で来ている人、会社を辞めて来ている人…。 次回の渡米時にもまた彼等と会えるようですので、楽しみです。

↑ Private Pilot編(1) ← 前のレポート 次のレポート →