2000/05/08(月)

プリソロ筆記試験・クロスウィンドの離着陸

本日の朝はあまり良い天気ではありません。でもこれも10時くらいになれば一気に晴れます。

本日は9:30からプリソロの筆記試験です。学科の方は必要最小限の部分しかG/Sを受けていないので、かなりきついですが、なんとか答えます。全部で50問あります。その後教官が答え合わせをしながら採点します。うーん、あんまり勉強できなかったからなぁ。特にairspaceのところなんかボロボロだぁ。

結果は、まぁだいたい半分くらいできているというところでしょうか(^^;)。でもこれは何点取れば良いとかいう代物ではなく、どこが理解できていないか確かめるものですので、できなかった所を埋めて、また提出すれば良いのです。

さて午後からはクロスウィンドの離着陸訓練のため、Gillespieに行きます。Ramonaから南向きに飛んでいきます。

前回より少しはラジオをこなすことができましたが、こっちのコールサインを言うのを忘れたりしていけません。あつくなりながらも何とか降りていきます。前回行った時にはクロスウィンドのR/Wが使えませんでしたが、今回は使わせてもらえるようです。

R/W 17と35を用いてT/Gを行います。T/Gの後はほぼそのまま直進して上昇し、適当な所からほぼ180旋回をして再びT/G…を繰り返しました。この時クロスウィンドであることが、ちゃんと体感できました。これは大利根のファイナルで風向きに機首が向いている状態(クラブ飛行)でアプローチしていく感覚と同じです。

最後にR/W 27Rでフルストップです。グラウンドとコンタクトを取って、再びR/W 27Rにタクシーバックしていきます。R/W 27Rから離陸してRamonaに戻ります。

タワーやグラウンドとの通信は後で考えてみると、別に大したことやっているわけじゃないなぁと思うのですが、その時はかなりあついです(^^;)。

Ramonaに近づいた時に現在位置のコールをしなかったりしちゃいましたが、それ以外は問題なく戻ってきました。いつもと同じように何回かT/Gして終わりです。

これでソロ前の課目は全て終了です。後はT/Gを何回か(何日か?)こなして大丈夫なようであればソロに出されることになるわけです。帰国までにはなんとしてもソロに出たいですね。


本日の夕食は、アパートでカップラーメン攻撃です。日本から輸入したやつなので、本当の日本の味がします(^^;)。

↑ Private Pilot編(1) ← 前のレポート 次のレポート →