2000/05/05(金)

座学・T/G

本日は朝からめずらしく薄い雲が出ていますが、基本的には良い天気です。

午前中はTKDさんとKSMさんと3人でFARの座学を受けます。これは字ばっかでかなりつらいですが、なんとか終わりました(^^;)。

お昼はTACO BELLでnachosを食べました。これは結構うまいです。

午後からTKDさんのフライトに同乗させてもらって、チャートを実際の地形を見比べていたのですが、飛行機の適度な揺れと上空での酸素の少なさのためか、なんともいえない眠気が襲ってきて、ついついうたた寝をしてしまいました。しかもそんな時に限って教官に見つかってしまい、「やべっ」と思いつつ空港に戻ります。空港に着いてから教官が「眠ってたでしょ(^^)」と明るく突っ込んでくれたのが幸いでした。まぁあのくらいの揺れでも気にしないで眠れるほど機体の挙動に慣れたのだ、とか良い方に捉えておくことにします(^^;)。

16:30から私のフライトです。今回はひたすらT/G を行います。

もう離陸は全く問題ありません。鼻クソをほじりながら離陸しています(うそ)。視野がずいぶん広くなったと感じます。離陸するときにR/Wばかりでなく、周りの風景が見えるようになっています。

トラフィックパターンを回るのも問題ありません。昨日の調子悪さがうそのようです。ダウンウィンドでも高度を落とすことはありません。ベースでの高度調整もうまくいきました。

ファイナルでは63ノットを維持して、ビシっとセンターに合わせてアプローチしていきます。フレアが一部ちょっとだけ安定しないですが、ほぼ完璧です。もちろん更に精度を上げていかなくてはなりませんが、もう教官の手を借りなくてもちゃんと自分の判断で降りて来られるようになりました。2回目のT/G以降では、教官が「エアスピード、アルティチュード、センターライン…」とも言わないで、エンジン音だけが響き渡る中、自分の操作だけで降りていきます。スロットルによる降下率の調整も微妙な調整ができるようになりました。まさに「入れたら半分戻す」が生きています!

結局T/Gを6回とフルストップを1回こなしました。T/Gだけをひたすらこなすという訓練は初めてでしたがとても楽しいです。離着陸に非常に自信が持てるようになってきました。

明日はクロスウィンドでの離着陸の訓練のため、別のタワー空港に行くのだそうです。果たしてどうなるか?

↑ Private Pilot編(1) ← 前のレポート 次のレポート →